書誌事項

イタリア24の都市の物語

池上英洋著

(光文社新書, 496)

光文社, 2010.12

タイトル別名

イタリア : 24の都市の物語

タイトル読み

イタリア 24 ノ トシ ノ モノガタリ

大学図書館所蔵 件 / 76

注記

主要参考文献: p205-206

内容説明・目次

内容説明

世界中の旅行者を魅了する、ヨーロッパでも屈指の人気を誇る国・イタリア。日本では、いまだに「イタリア=歌って踊って恋をする国」というイメージが強い。しかし、その魅力は、男たちや女たちが織りなしてきた数々のドラマ、芸術家たちが味わった苦悶や歓び、英雄や偉人たちの精神と行動の軌跡、民衆が繰り広げてきた何気ない日常生活の集積体であり、かつ、それらを保存してきた都市のの魅力でもある。それぞれ特色のあるイタリアの街から、24都市を厳選—。イタリア留学経験もあり、レオナルド・ダ・ヴィンチ研究でも知られる著者が、さまざまな歴史上のエピソードを紹介しながら、「イタリアを歩く楽しみ」を伝える。

目次

  • 第1章 男たちの物語(囚われのカリオストロ—San Leo(サン・レオ);貧しき聖人の街—Assisi(アッシジ) ほか)
  • 第2章 女たちの物語(遊廓の詩人—Venezia(ヴェネツィア);貴婦人が眠る街—Lucca(ルッカ) ほか)
  • 第3章 美にまつわる物語(怪物たちの宴—Bomarzo(ボマルツォ);画家の怨念—Orvieto(オルヴィエート) ほか)
  • 第4章 街—民と戦いの物語(恋する二人—Verona(ヴェローナ);天国の回廊—Amalfi(アマルフィ) ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ