書誌事項

貝の考古学

忍澤成視著

(ものが語る歴史, 22)

同成社, 2011.1

タイトル読み

カイ ノ コウコガク

大学図書館所蔵 件 / 118

注記

参考文献: p407-419

内容説明・目次

内容説明

装身具の材料となった貝について考古学・生物学的分析を行い、縄文時代の習俗や社会形態、交易ルートを考察しながら人と貝の歴史を究明。

目次

  • 第1章 人と貝との関わりのはじまり
  • 第2章 骨角貝製装身具の種類と量の実態
  • 第3章 具製品研究に必要なこと・研究の方法
  • 第4章 「貝輪」を読み解く
  • 第5章 「南海産の貝」はどこからきたか
  • 第6章 もう一つの「貝の道」
  • 第7章 装身具としての意味を越えた貝製品の用途・役割
  • 第8章 未解明な貝たち・その意味をさぐる

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ