サウロ : キリスト教回心以前のパウロ

書誌事項

サウロ : キリスト教回心以前のパウロ

M.ヘンゲル著 ; 梅本直人訳

日本キリスト教団出版局, 2011.1

タイトル別名

Der vorchristliche Paulus

タイトル読み

サウロ : キリストキョウ カイシン イゼン ノ パウロ

大学図書館所蔵 件 / 30

注記

文献: p177-198

内容説明・目次

内容説明

最初のキリスト教著作家であり、神学者であったパウロ。彼が生きた周辺世界の資料を丹念に読み解きつつ、その出自や教育、キリスト教迫害者へと至った背景に迫る。

目次

  • 第1章 出自と市民権(精神的な母なる都市としてのタルソス;タルソスの政治的諸関係とタルソス市の市民権 ほか)
  • 第2章 教育と修業—タルソスかエルサレムか(ルカによる報告とパウロの自己証言;パウロの出自についての自己証言 ほか)
  • 第3章 エルサレムにおけるファリサイ的律法研究(ファリサイ派の教えの家;70年以前における「ファリサイ派の教義」の問題について ほか)
  • 第4章 ギリシア語を話すエルサレムとシナゴーグのギリシア教育(「ギリシア都市」としてのエルサレム;エルサレムにおける高度なユダヤ・ギリシア教育のさまざまな可能性 ほか)
  • 第5章 迫害者パウロ(年代学の問題;迫害者パウロの経歴について ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB04969532
  • ISBN
    • 9784818407671
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xi, 217p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ