書誌事項

感染遊戯

誉田哲也著

光文社, 2011.3

タイトル読み

カンセン ユウギ

大学図書館所蔵 件 / 47

注記

欧文タイトル:Infection Game

内容:感染遊戯/インフェクションゲイム 連鎖誘導/チェイントラップ 沈黙怨嗟/サイレントマーダー 推定有罪/プロバブリィギルティ

内容説明・目次

内容説明

捜査一課殺人犯捜査係のガンテツこと勝俣健作が手がけた、製薬会社サラリーマンの殺人事件。息子の起こした殺人事件によって刑事の職を追われる直前、倉田修二がかかわることになった、二人の男女を襲った路上殺傷事件。姫川玲子班解体直前、殺人犯捜査第十係に所属していた葉山則之が担当した、世田谷の老人同士の小競り合い。事件の規模も様相もさまざまだが、共通している点が、ひとつあった。それは、被害者の個人情報を、犯人は何らかの手段で手に入れているらしきこと。事件の背後には何があるのか!?—。

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB05346466
  • ISBN
    • 9784334927486
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    311p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
ページトップへ