SFで自己を読む : 『攻殻機動隊』『スカイ・クロラ』『イノセンス』

書誌事項

SFで自己を読む : 『攻殻機動隊』『スカイ・クロラ』『イノセンス』

浅見克彦著

(青弓社ライブラリー, 69)

青弓社, 2011.5

タイトル別名

SFで自己を読む : 攻殻機動隊スカイクロライノセンス

タイトル読み

SF デ ジコ オ ヨム : 『コウカク キドウタイ』 『スカイ・クロラ』 『イノセンス』

大学図書館所蔵 件 / 81

注記

参考文献一覧: p216-219

内容説明・目次

内容説明

『攻殻機動隊』『スカイ・クロラ』『イノセンス』といった作品から「ゴースト」「生きた時間性」「死」「人形」などのテーマを抽出し、SFをめぐる謎—あるエピソードとセリフの意味、入り組んだプロットの陰に潜む真実、作品の趣旨—に思考の網を張り巡らせる。裏設定の読解やテクノロジーの真偽問題に優先する物語的な謎の解明に注力し、そのおもしろさに身を任せながら、作品に描かれる「“わたし”の固有性のゆらぎ」「未来を奪われた存在」「生と死のありよう」などを丁寧に読み解く。それらの批評をとおして、「別の自己像へのしなやかな流転」というSFがもつ魅力の核を析出する。

目次

  • 第1章 「ゴースト」の虚空と「余剰」の精神—『攻殻機動隊』(「電脳化」と自己への懐疑;「ゴースト」の裂け目—人間の精神に独自なもの;「ささやくゴースト」—内実なき「空虚」? ほか)
  • 第2章 自我の「嘘」とキルドレの闇—『スカイ・クロラ』(空を舞う歓びとアイデンティティの不安;「自分の中の無が見える」—「子ども」であるということ;「暗い場所。赤い光」—「現在」を永遠に反復する存在 ほか)
  • 第3章 人形の謎と人間の真実—『イノセンス』(「死体としての人形」—人間性への懐疑;「死」を予感させる鏡像—真実の魅力;分身の不気味さ—ドッペルゲンガーが明かすもの ほか)
  • 終章 揺らめく自己、想像の漂流

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB05834550
  • ISBN
    • 9784787233271
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    223p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ