建築少年たちの夢 : 現代建築水滸伝

書誌事項

建築少年たちの夢 : 現代建築水滸伝

布野修司著

彰国社, 2011.6

タイトル別名

建築少年たちの夢 : 現代建築水滸伝

タイトル読み

ケンチク ショウネン タチ ノ ユメ : ゲンダイ ケンチク スイコデン

大学図書館所蔵 件 / 85

注記

『建築ジャーナル』誌での連載「布野修司の現代建築家批評 : メディアの中の建築家たち」(2008年1月号-2010年12月号) をもとにしたもの

内容説明・目次

内容説明

1960年代末から70年代にかけて、全共闘運動が燃えさかる中に、建築少年たちの「梁山泊」が日本各地にいくつもできた。そうした「梁山泊」の中から世界に名を轟かせる建築家が育っていった。本書は、そうした建築家たちと「梁山泊」で出会い、その活動を見続けてきた著者による、いわば「現代建築水滸伝」である。

目次

  • 序章 近代建築批判の行方 メタボリズム以後
  • 第1章 永遠の建築少年—安藤忠雄
  • 第2章 建築の始原へ—藤森照信
  • 第3章 かたちの永久革命—伊東豊雄
  • 第4章 家族と地域のかたち—山本理顕
  • 第5章 セルフビルドの世界—石山修武
  • 第6章 建築の遺伝子—渡辺豊和
  • 第7章 地球に根ざして—象設計集団
  • 第8章 集落から宇宙へ—原広司
  • 第9章 「世界建築」の羅針盤—磯崎新
  • 終章 建築の根源 建築少年たちへ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ