書誌事項

牙をぬかれた狼

山川菊栄著

(山川菊栄集 : 評論篇 / 山川菊栄著 ; 鈴木裕子編, 第3巻)

岩波書店, 2011.7

新装増補

タイトル読み

キバ オ ヌカレタ オオカミ

大学図書館所蔵 件 / 91

注記

著者の肖像あり

内容説明・目次

内容説明

メーデーへの女性の初参加や社会主義運動の昂揚は、官憲の弾圧を招き、関東大震災の混乱の下で大杉栄、伊藤野枝ら、そして朝鮮人が惨殺された。逆風の中で論陣を張り続けた山川の、1921〜24年の評論を収録。

目次

  • 1 一九二一年(大正一〇年)(社会主義婦人運動と赤瀾会;新婦人協会と赤瀾会 ほか)
  • 2 一九二二年(大正一一年)(資本主義下の恋愛と結婚;自家広告の天才—大隈侯人物評 ほか)
  • 3 一九二三年(大正一二年)(新婦人協会の解散;共同の責任—社会主義を抱ける男性への希望 ほか)
  • 4 一九二四年(大正一三年)(二重の意味をもつ婦人の失業;普選と婦人参政権 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB06281504
  • ISBN
    • 9784000284639
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 352p, 図版[1]枚
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ