書誌事項

外交回想録

重光葵著

(中公文庫, [し45-1])

中央公論新社, 2011.7

タイトル別名

重光葵外交回想録

タイトル読み

ガイコウ カイソウロク

大学図書館所蔵 件 / 31

注記

「重光葵 外交回想録」 (1978年8月毎日新聞社刊) を底本とし、改題したもの

叢書番号はブックジャケットによる

重光葵年譜: p397-404

参考文献: P414

内容説明・目次

内容説明

ドイツを皮切りに、アメリカ、中国、ソ連、イギリスで公使・大使等として活躍。第二次世界大戦への日本の参戦を阻止するべく心血を注ぐが果たせず、チャーチルとの会談を最後に一九四一年七月帰国。日米開戦直前まで約三〇年の貴重な日本外交の記録。

目次

  • 第一次世界大戦の勃発
  • イギリスのデモクラシー
  • パリ平和会議
  • 内乱下の北京会議
  • 日華関係の転回
  • 国民政府と幣原外交
  • 日華衝突、満州・上海事変
  • 血塗られた祝賀会—「隻脚記」より
  • 外務次官の三年間
  • 駐ソ大使として
  • 霧のロンドン—「ロンドン日記」より
  • 空襲
  • わが使命ついに失敗

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB06408354
  • ISBN
    • 9784122055155
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    421p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ