ハイデガーと神学

書誌事項

ハイデガーと神学

茂牧人著

知泉書館, 2011.9

タイトル別名

Heidegger und die Theologie

タイトル読み

ハイデガー ト シンガク

大学図書館所蔵 件 / 84

注記

欧文タイトルは巻末による

巻末に独文要旨あり

参考文献: 巻末p17-24

内容説明・目次

内容説明

本書はハイデガー(1889‐1976)の存在と神の思索を、キリスト教神学の伝統の中で理解し浮き彫りにした意欲的業績である。第1部ではハイデガーの思索が神学との対決の中で展開したことを解明し、第2部では彼の思索からキリスト教哲学の可能性を探る。

目次

  • 第1部 ハイデガーと神学(初期フライブルク時代の神学的考察;哲学と神学—マールブルク時代のブルトマンとの対話;神の思索;言語論と痛みとしての否定神学 ほか)
  • 第2部 ハイデガーの思索から宗教哲学へ(傷による赦しの宗教哲学;キリスト教哲学の可能性)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB06934980
  • ISBN
    • 9784862851161
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpnger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xx, 254, 24p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ