書誌事項

精神分析における境界侵犯 : 臨床家が守るべき一線

グレン O. ギャバード, エヴァ P. レスター著 ; 北村婦美, 北村隆人訳

金剛出版, 2011.11

タイトル別名

Boundaries and boundary violations in psychoanalysis

タイトル読み

セイシン ブンセキ ニオケル キョウカイ シンパン : リンショウカ ガ マモルベキ イッセン

大学図書館所蔵 件 / 99

注記

文献: p253-270

内容説明・目次

内容説明

臨床家が越えてはならない一線を越えること、それを「境界侵犯」という。本書は、精神分析における「境界侵犯」の倫理的問題について、多面的理解を試みた著作の翻訳である。本書の美点は、3つあげられる。まず、普段表に出ることのない境界侵犯の事例が、豊富に紹介されていること。2つ目に境界侵犯をおかした治療者を類型化し、それぞれの精神力動を示したこと。そして最後に境界侵犯が生じた際に個人や組織がとるべき対応を、非常に具体的に論じていること、である。これらについての論述の包括性と具体性を備えた本書は、倫理的な問題が重視されつつある現代の臨床家にとって、欠かせない1冊になるであろう。

目次

  • 第1章 精神分析における境界概念
  • 第2章 境界と精神分析過程
  • 第3章 分析の枠組み、分析的境界、そして分析的対象
  • 第4章 境界とジェンダー
  • 第5章 精神分析における境界侵犯の初期の歴史
  • 第6章 性的境界侵犯
  • 第7章 非性的境界侵犯
  • 第8章 転移の運命:終結後の境界
  • 第9章 精神分析のスーパービジョンにおける境界
  • 第10章 組織の対応

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB07569949
  • ISBN
    • 9784772412216
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    288p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ