書誌事項

朝鮮儒教の二千年

姜在彦 [著]

(講談社学術文庫, [2097])

講談社, 2012.2

タイトル別名

朝鮮儒教の2000年

タイトル読み

チョウセン ジュキョウ ノ ニセンネン

大学図書館所蔵 件 / 173

注記

原本: 2001年1月朝日新聞社刊

内容説明・目次

内容説明

朝鮮における儒教の二千年にもおよぶ展開を丹念に描き出し、朝鮮近代思想史につなげる論考を展開した記念碑的大著。中国・日本と対比しながら二千年を俯瞰する視角は、朝鮮の独自性と東アジアの普遍性を浮き彫りにする。儒学を経世実用の学とみなした潮流を確認し追跡する記述は、朝鮮のみならず東アジアにとっての“近代”を考える出発点となる。

目次

  • 「儒教」とは何か
  • 孔子以前の「箕子朝鮮」
  • 三国時代の儒教
  • 後期新羅の儒教
  • 高麗王朝の「仏教立国」
  • 成宗の崇儒政策と崔承老
  • 私学十二公徒と国子監
  • 文臣の退廃と武臣政権
  • 朱子学の伝播と排仏論
  • 易姓革命—高麗から朝鮮へ
  • 「儒教立国」のブレーンたち
  • 教育と科学、そして王朝実録
  • 王調政治の守成—世宗と世祖
  • 土林派の形成と士禍
  • 朱子学一辺倒と性理学論争
  • 東アジアの動乱と朝鮮
  • 「崇明排清」の思想
  • 英祖・正祖時代の実学派
  • ウェスタン・インパクトと朝鮮
  • 王朝の斜陽—鎖国から開国へ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ