私の世界文学案内 : 物語の隠れた小径へ

書誌事項

私の世界文学案内 : 物語の隠れた小径へ

渡辺京二著

(ちくま学芸文庫, [ワ11-4])

筑摩書房, 2012.2

タイトル別名

私の世界文学案内 : 物語の隠れた小径へ

タイトル読み

ワタシ ノ セカイ ブンガク アンナイ : モノガタリ ノ カクレタ コミチ エ

大学図書館所蔵 件 / 107

注記

「娘への読書案内 : 世界文学23篇」 (朝日文庫 1989年刊)の改題

内容説明・目次

内容説明

人はなぜ小説を読むのか。父から娘への手紙という形をとって、本書ではさまざまな小説の中に人生の“隠れた小径”を探ってゆく。「家族に対するわだかまり」「自分にひそむかたよりの感覚」「人間の金銭欲とは」などの身近な切り口から、世界の代表的な文学を取り上げる。ドストエフスキー『罪と罰』、トルストイ『戦争と平和』から、デュラス、モラヴィア、カルペンティエールまで、作品の大筋と読みどころを紹介。深い人間観・歴史観に裏打ちされた温かい語り口で、作品の豊饒な世界と、文学を読む愉しみを語る。はじめて小説の扉を開く人のための格好の入門書。

目次

  • 1(トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』—自分にひそむかたよりの感覚;カフカ『変身』—家族に対するわだかまり;バルザック『従兄ポンス』—人間の金銭欲のすさまじさ;スタンダール『パルムの僧院』—情熱によって行動する人間のけだかさ ほか)
  • 2(ギュンター・グラス『猫と鼠』—戦争で消えた友への鎮魂歌;フィリップ・ロス『狂信者イーライ』—ユダヤ人自身の反撥と吸引;ソール・ベロウ『犠牲者』—被害妄想の悪夢;アラン・シリトー『屑屋の娘』—庶民のなかの“生”の瞬間 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB08286644
  • ISBN
    • 9784480094339
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    277p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ