アフリカン・ディアスポラのニューヨーク : 多様性が生み出す人種連帯のかたち

書誌事項

アフリカン・ディアスポラのニューヨーク : 多様性が生み出す人種連帯のかたち

村田勝幸著

彩流社, 2012.3

タイトル別名

The African diaspora and the contemporary history of New York : racial solidarity based on diversity

アフリカンディアスポラのニューヨーク : 多様性が生み出す人種連帯のかたち

タイトル読み

アフリカン ディアスポラ ノ ニューヨーク : タヨウセイ ガ ウミダス ジンシュ レンタイ ノ カタチ

大学図書館所蔵 件 / 87

内容説明・目次

内容説明

アフリカン・ディアスポラが体現する多様性が切り結ぶ人種連帯からニューヨーク都市史を捉えなおそうという試み。

目次

  • 第1章 差異が切り結ぶ「黒いわたしたち」—アフリカン・ディアスポラの理論的射程(一九六五年移民法と顕在化する「黒い移民」;西インド諸島系移民に関する研究の成果と問題性 ほか)
  • 第2章 「二重の不可視性」を生きる西インド諸島系移民—人種の政治とアムネスティ法案(不可視な「新しい移民」;ニューヨークをめざす西インド諸島系移民 ほか)
  • 第3章 「ハワード・ビーチよ、聞いてるか?ここはヨハネスブルグじゃないんだ!」—暴力、人種主義、多様な「わたしたち」(ハワード・ビーチ事件の経過;ハワード・ビーチ事件にみる黒人にとっての人種主義的な日常 ほか)
  • 第4章 デイヴィッド・ディンキンズとクラウン・ハイツ暴動—都市政治史と人種・エスニック関係史の交差(ニューヨーク市初の黒人市長の誕生;クラウン・ハイツという火薬庫 ほか)
  • 第5章 警察の残虐行為が構築する人種連帯のかたち—三つの事件と重なり合う「集合的記憶」(人種主義的暴力に直面するハイチ系移民—アブナー・ルイマ事件;連鎖する怒りと不安—アマドゥ・ディアロ射殺事件の「介入」 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ