ことばと思索 : 森有正再読

書誌事項

ことばと思索 : 森有正再読

久米あつみ著

教文館, 2012.5

タイトル読み

コトバ ト シサク : モリ アリマサ サイドク

大学図書館所蔵 件 / 49

注記

参考文献: p227-228

内容説明・目次

内容説明

森有正が問いかけたもの。果たして彼の仕事は歴史に一駒を刻んだだけのものだったか。その西欧との出会い、葛藤は時代のもたらした躓きに過ぎなかったか。森有正がこの世的地位を棒に振ってでも続けようとした実験は何だったのか。私たちは彼の投げかけた問いを問い続けなくてよいのか。幼い頃から森と身近に接してきた著者による渾身の森有正論。

目次

  • 第1章 ことば—表現体としての
  • 第2章 旅
  • 第3章 自己
  • 第4章 書くこと
  • 第5章 フランス語学習の問題
  • 第6章 ノートル・ダム
  • 第7章 ミノトール(または愛について)
  • 第8章 音楽
  • 第9章 アブラハム
  • 第10章 カルヴァン

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB09532178
  • ISBN
    • 9784764269514
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    228, xxxviip
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ