死をみつめて生きる : 日本人の自然観と死生観

書誌事項

死をみつめて生きる : 日本人の自然観と死生観

上田正昭著

(角川選書, 511)

角川学芸出版 , 角川グループパブリッシング (発売), 2012.8

タイトル読み

シ オ ミツメテ イキル : ニホンジン ノ シゼンカン ト シセイカン

大学図書館所蔵 件 / 108

内容説明・目次

内容説明

自然を克服するのではなく師として学び、順応するための知識を積み重ねてきた日本人の自然観は、どのように作られたのか。神もその多くは死ぬと考えた日本人の死生観はどこから来るのか。木や山などの自然物を神体とする信仰、夕焼けへよせる格別な想いなど、私たちが古くから親しんできた自然観・死生観をキーワードに、自然を人間とともに生き、活用するものととらえ、今をよりよく生きる道を思索する。

目次

  • はじめの章
  • 第1章 自然との調和
  • 第2章 鎮守の森と南方熊楠
  • 第3章 死をみつめて生きる
  • 第4章 鎮魂の伝統
  • 第5章 日本人の他界観
  • 第6章 万有生命信仰

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB09998662
  • ISBN
    • 9784047035119
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京,東京
  • ページ数/冊数
    179p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ