中世ヨーロッパの戦い : ビジュアル版

書誌事項

中世ヨーロッパの戦い : ビジュアル版

フィリス・G.ジェスティス著 ; 川野美也子訳

東洋書林, 2012.9

タイトル別名

The timeline of medieval warfare : the ultimate guide to battle in the middle ages

ビジュアル版中世ヨーロッパの戦い

タイトル読み

チュウセイ ヨーロッパ ノ タタカイ : ビジュアルバン

大学図書館所蔵 件 / 74

注記

年表: 巻末

内容説明・目次

内容説明

ローマ帝国の分裂後、小国家間の闘争や侵入者との攻防により、戦乱の時代を迎えた西洋中世。政治、経済、宗教はすべて戦闘を優先して営まれ、人々は闘いの中で技術を育み、社会の規律を整えていった。十字軍の遠征、百年戦争、薔薇戦争、コンスタンティノープルの攻防等の大きな会戦から、小さな武力衝突や反乱に至るまで、個々の軍事的指導者たちの活躍を評価しつつ、用いられた戦術や兵器の進化を辿り、原始的な争いが近代的に洗練されてゆく様をつぶさに描く。

目次

  • 第1章 中世初期の軍事
  • 第2章 11世紀—拡大するヨーロッパ
  • 第3章 12世紀—城砦と十字軍
  • 第4章 13世紀—戦争の世紀
  • 第5章 14世紀—歩兵の革命?
  • 第6章 15世紀—変革の時代
  • エピローグ 中世の戦争の限界と遺産

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ