書誌事項

解離する生命

野間俊一 [著]

みすず書房, 2012.10

タイトル読み

カイリ スル セイメイ

大学図書館所蔵 件 / 131

注記

文献: 章末

内容説明・目次

内容説明

境界例では生命性を暴発させ、摂食障害では生命性の支配を望み、解離性障害では生命性を切り離す…“傷つき体験”の諸相から精神医学的アプローチを考える。

目次

  • 第1部 解離の諸相(存在の解離—生命性をめぐる病理;瞬間の自己性—トラウマ学再論;否定の身体—現代精神医学におけるメルロ=ポンティ;飛翔と浮遊のはざまで—現代という解離空間を生きる;流れない時間、触れえない自分)
  • 第2部 生命の所在(交感する身体—拒食と境界例の自己と他者;愛のキアスム—食の病と依存;二重の生命—摂食障害者が往々にして境界例的であるのはなぜだろうか;空虚という存在—自傷の可視性をめぐって;置き換えられる身体/置き換えられる聖;語りえなさを語るということ—統合失調症を生きる;精神病理学は、絶滅寸前か)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB10547809
  • ISBN
    • 9784622077183
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 256p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ