社会保障の哲学 : 日本の現状を把握し、未来を展望する

書誌事項

社会保障の哲学 : 日本の現状を把握し、未来を展望する

加茂直樹著

(世界思想社現代哲学叢書)

世界思想社, 2012.12

タイトル別名

社会保障の哲学 : 日本の現状を把握し未来を展望する

タイトル読み

シャカイ ホショウ ノ テツガク : ニホン ノ ゲンジョウ オ ハアク シ ミライ オ テンボウ スル

大学図書館所蔵 件 / 152

注記

参考文献: p173-179

内容説明・目次

内容説明

年金、医療、保険、税制、雇用、格差、貧困、…日本の社会保障制度の“これまで”をたどり、“これから”を考える。

目次

  • 第1部 これまでの社会保障はどのようなものであったか(社会保障とは何か;社会保障制度はどのようにして成立し、いまどうなっているか;何が社会保障の機能不全を招いたか;国家財政は社会保障とどのように関わるか)
  • 第2部 これからの社会保障はどうあるべきか(格差・貧困・社会的排除の何が問題か;社会保障についてどう考えるべきか;これからの社会保障をどう展望するか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB10780574
  • ISBN
    • 9784790715764
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    xii, 179, ixp
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ