書誌事項

東日本大震災の科学

佐竹健治, 堀宗朗編

東京大学出版会, 2012.11

タイトル別名

The sciences of the Great East Japan Earthquake

タイトル読み

ヒガシニホン ダイシンサイ ノ カガク

大学図書館所蔵 件 / 276

注記

その他のタイトルは標題紙裏、口絵1下部による

文献: 巻末p6-14

内容説明・目次

内容説明

東京大学の研究者たちが集結。広く多角的な視点から3.11の大震災に迫る。

目次

  • 第1章 どんな地震だったのか—東北地方太平洋沖地震の地球科学的背景、概要と影響
  • 第2章 どんな津波だったのか—津波発生のメカニズムと予測
  • 第3章 津波の被害調査と津波防災—被害の実態と今後の防災対策
  • 第4章 災害情報をいかに早く正確につかむか—空間情報技術による被害調査
  • 第5章 避難しないのか、できないのか—避難行動と防災教育
  • 第6章 東日本大震災の経済的側面—経済構造変化と財政難の日本を背景に
  • 第7章 東海・東南海・南海地震への備え—観測とシミュレーション融合による地震発生予測
  • 第8章 構造物と都市のシミュレーション—次世代型ハザードマップに向けて

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ