室町物語研究 : 絵巻・絵本への文学的アプローチ

書誌事項

室町物語研究 : 絵巻・絵本への文学的アプローチ

沢井耐三著

三弥井書店, 2012.11

タイトル別名

室町物語研究 : 絵巻絵本への文学的アプローチ

タイトル読み

ムロマチ モノガタリ ケンキュウ : エマキ・エホン エノ ブンガクテキ アプローチ

大学図書館所蔵 件 / 126

注記

本書は今まで発表してきた御伽草子に関する論文、資料をまとめ、それに新しく「善教房絵詞」の論、「鼠の草子」の翻刻などを加えて一書としたもの

奥付の著者名に"沢村耐三"とあり(村は誤植、正しくは井)

内容説明・目次

内容説明

室町時代のお伽草子に光をあて、時代を生きる庶民の経済観念、権威への抵抗意識、宗教観、異類に代弁される生活の様子、女性の生き方など作品が描き出す、中世の人々の心と姿を明らかにする。

目次

  • 御伽草子にみる「富」について
  • 『善教房絵詞』—届かない念仏の架け橋
  • 『福富草紙』—嘲笑と諷刺
  • 『おようの尼』絵巻—梵字の謎
  • 『毘沙門の本地』の天界遍歴譚—星の伝説と信仰
  • 『宝蔵絵詞』—熊野・切目王子伝承
  • 『精進魚類物語』擬人名考—笑いの合戦記
  • 『精進魚類物語』擬人名考—笑いの合戦記・追考
  • 『鼠の草子(鼠の権頭)』—怪婚譚と女性
  • 『鼠の草子(鼠の権頭)』—中世の嫁入り行列〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB11172494
  • ISBN
    • 9784838232390
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iv, 375, ivp, 図版2枚
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ