書誌事項

言語哲学重要論文集

松阪陽一編訳 ; G・フレーゲ [ほか] 著 ; 野本和幸 [ほか] 訳

(現代哲学への招待 / 丹治信春監修, . Anthology)

春秋社, 2013.1

タイトル別名

Selected essays in philosophy of language

タイトル読み

ゲンゴ テツガク ジュウヨウ ロンブンシュウ

大学図書館所蔵 件 / 136

注記

その他の著者: B・ラッセル, W・V・O・クワイン, K・S・ドネラン, D・カプラン, S・A・クリプキ, G・エヴァンズ

その他の訳者: 丹治信春, 信原幸弘, 佐藤康之, 池田さつき, 四津雅英, 荒磯敏文

標題紙の中位の書誌(誤植): Anthlogy

文献あり

収録内容

  • 意義と意味について / ゴットロープ・フレーゲ [著] ; 野本和幸訳
  • 表示について / バートランド・ラッセル [著] ; 松阪陽一訳
  • 指示と確定記述 / キース・S・ドネラン [著] ; 荒磯敏文訳
  • Dthat / デイヴィド・カプラン [著] ; 野本和幸訳
  • 名前の因果説 / ガレス・エヴァンズ [著] ; 池田さつき, 佐藤康之, 松阪陽一訳
  • 偶然的でアプリオリな真理と固定指示子 / キース・S・ドネラン [著] ; 四津雅英訳
  • 量化子と命題的態度 / W・V・O・クワイン [著] ; 丹治信春訳
  • 信念のパズル / ソール・A・クリプキ [著] ; 信原幸弘訳

内容説明・目次

内容説明

フレーゲとともにパラダイムシフトした言語哲学は、論理学をモデルに言語一般を考察する基本姿勢のもと、さまざまな批判を吸収しつつ豊かな成果を生み出してきた。その誕生と発展を、いずれも巨大な反響を呼んだ古典的論文によってたどる。

目次

  • 第1部 言語哲学の誕生(意義と意味について(ゴットロープ・フレーゲ);表示について(バートランド・ラッセル))
  • 第2部 指示をめぐる謎(指示と確定記述(キース・S.ドネラン);Dthat(デイヴィド・カプラン);名前の因果説(ガレス・エヴァンズ))
  • 第3部 可能世界と命題的態度(偶然的でアプリオリな真理と固定指示子(キース・S.ドネラン);量化子と命題的態度(W.V.O・クワイン);信念のパズル(ソール・A.クリプキ))

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB11476626
  • ISBN
    • 9784393323106
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    gereng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iii, 398, 11p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ