書誌事項

日本の建築 : 歴史と伝統

太田博太郎著

(ちくま学芸文庫, [オ21-1])

筑摩書房, 2013.4

タイトル別名

日本の建築

タイトル読み

ニホン ノ ケンチク : レキシ ト デントウ

大学図書館所蔵 件 / 127

注記

1968年筑摩叢書として刊行された

内容説明・目次

内容説明

日本固有の建築—それはどのように構築され、また発展を遂げてきたのだろうか。伊勢神宮・法隆寺・桂離宮・金閣寺・銀閣寺など、名建築を時代を追ってつぶさに見ていくことで、外来の様式の影響を受けつつ築きあげられてきた、この国独自のかたちの系譜が浮かびあがってくる。中世の仏教建築は大陸から何を採り入れたか、日本の住宅の室内意匠はどうして装飾の少ないシンプルなものになったのか。日本建築史の泰斗が、時代の経済状況・社会制度から人々の生活・考え方までを考慮しつつ、歴史的建築を論じた、生き生きとした日本文化論。写真・図版多数収録。

目次

  • 原始住居の復原
  • 日本建築様式の成立
  • 平安京
  • 藤原貴族の住生活
  • 入母屋造本殿の成立
  • 鎌倉時代の建築と工匠
  • 和様と宋様
  • 金閣と銀閣
  • 城と書院
  • 桂離宮
  • 江戸の防火
  • 平城京跡の発見
  • 建築遺跡調査の発展
  • 平城京跡の保存

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ