輸血医ドニの人体実験 : 科学革命期の研究競争とある殺人事件の謎

書誌事項

輸血医ドニの人体実験 : 科学革命期の研究競争とある殺人事件の謎

ホリー・タッカー著 ; 寺西のぶ子訳

河出書房新社, 2013.5

タイトル別名

Blood work : a tale of medicine and murder in the scientific revolution

タイトル読み

ユケツイ ドニ ノ ジンタイ ジッケン : カガク カクメイキ ノ ケンキュウ キョウソウ ト アル サツジン ジケン ノ ナゾ

大学図書館所蔵 件 / 120

注記

年表: p263-265

参考文献: p287-309

内容説明・目次

内容説明

ペストが猛威をふるい、錬金術が未だ科学の範疇にあった17世紀のヨーロッパ。科学者たちの国を挙げての壮絶な研究競争と、輸血にすべてを賭けた医者のドラマを克明に描き、医療のターニングポイントとなったある重大事件の真相に迫る。

目次

  • 医師と狂気の男—歴史上初の輸血
  • 血液循環—ガレノス説の否定
  • 生体実験の時代—デカルトの機械論
  • ペストとロンドン大火—ロンドンの破壊と再建
  • 『フィロソフィカル・トランザクションズ』—王立協会と学術論文誌
  • 貴族の野心—社会的地位を示す科学
  • 貴族社会と科学者—王立科学アカデミーの創設とモンモール・アカデミーの終焉
  • フランス王立図書館—フランスとイングランドの戦い
  • 賢者の石—物質変換と輸血
  • 動物から人間へ—輸血の戦いで勝利を目指す
  • ロンドン塔—オルデンバーグの危機
  • べドラム—患者の選択
  • 怪物のごとく—独学の医師、アンリ=マルタン・ド・ラ・マルティニエル
  • 未亡人—アントワーヌ・モーロワの妻
  • 毒殺事件—モーロワの死の真相
  • キメラ—輸血の再開

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ