まずいラーメン屋はどこへ消えた? : 「椅子取りゲーム社会」で生き残る方法

書誌事項

まずいラーメン屋はどこへ消えた? : 「椅子取りゲーム社会」で生き残る方法

岩崎夏海著

(小学館101新書, 164)

小学館, 2013.6

タイトル別名

まずいラーメン屋はどこへ消えた : 椅子取りゲーム社会で生き残る方法

タイトル読み

マズイ ラーメンヤ ワ ドコ エ キエタ : イストリ ゲーム シャカイ デ イキノコル ホウホウ

大学図書館所蔵 件 / 24

内容説明・目次

内容説明

インターネットによる情報システムの激変で、あらゆるビジネスにこれまで存在しなかった「大競争時代」がやってきた。決して揺らぐことはないと思われていたどんな堅牢な産業も企業もいつどうなるかわからない。最後にたったひとつ残る「勝者の椅子」をめぐって、多くの企業・個人があらゆる手段を使って競争を繰り広げる。が、椅子の数自体が激減する今、この「椅子取りゲーム」に参加することに意味はあるのか。また、「競争しない」という新しい選択には、どんな生き残り戦略が必要とされるのか—。新時代の論客としてネット社会でも注目を集める作家・岩崎夏海が大ベストセラー『もしドラ』の舞台裏など、みずからの体験をもとに綴る実践的ビジネスサバイバルの提案。

目次

  • 第1部 椅子取りゲーム社会(「椅子取りゲーム社会」とは何か?;もう競争では生き残れない;どうすれば新しい価値を見つけられるか?)
  • 第2部 生き残るための四つの方法(今あるものを捨てる;本質を見極める;隣にずれる;現場に還る)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ