『ドイツ伝説集』のコスモロジー : 配列・エレメント・モティーフ

書誌事項

『ドイツ伝説集』のコスモロジー : 配列・エレメント・モティーフ

植朗子著

鳥影社, 2013.6

タイトル別名

ドイツ伝説集のコスモロジー : 配列エレメントモティーフ

タイトル読み

ドイツ デンセツシュウ ノ コスモロジー : ハイレツ エレメント モティーフ

大学図書館所蔵 件 / 66

注記

博士論文(神戸大学)に、日本学術振興会の科学研究費(2011・2012年度研究活動スタート支援, JSPS科研費23820030)によって得た研究成果を加えたもの

内容説明・目次

内容説明

『グリム童話集』、『ドイツ神話(学)』と並ぶドイツ民俗学の基底であり、民間伝承蒐集のさきがけとなった、グリム兄弟『ドイツ伝説集』の内面的実像を明らかにする試み。

目次

  • 第1章 『ドイツ伝説集』の表現—伝説の配列(『ドイツ伝説集』の配列手法;歴史伝説集の配列;土地伝説集の配列 ほか)
  • 第2章 『ドイツ伝説集』のモティーフ(モティーフ研究と配列;霊魂の捕縛者;小さな人型の怪異体 ほか)
  • 第3章 『ドイツ伝説集』と自然のエレメント(グリム兄弟の伝説観と自然;伝説における自然の聖性;『ドイツ伝説集』の六大要素)
  • おわりに 『ドイツ伝説集』のコスモロジー

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ