ほんとうの構造主義 : 言語・権力・主体

書誌事項

ほんとうの構造主義 : 言語・権力・主体

出口顯著

(NHKブックス, 1210)

NHK出版, 2013.11

タイトル別名

ほんとうの構造主義 : 言語権力主体

タイトル読み

ホントウ ノ コウゾウ シュギ : ゲンゴ・ケンリョク・シュタイ

大学図書館所蔵 件 / 224

内容説明・目次

内容説明

二十世紀なかば、構造主義は思想界を一変させた。その思考は今なおあらゆる学問分野の底流となっている。構造主義者は、日常生活に潜む権力、他者を排除する仕組み、そして「オリジナル」という観念が幻想であることを暴いてきた。では、現代、構造主義に読み込める最も重要な知見とは何か。それは、他者を巻き込んで成立する自己像を発見したことである。「絆」が称賛される一方で他者への不寛容が強まっている現在、異質な存在を包摂する個人のあり方をこそ学ぶべきなのだ。原典を丁寧に読み解き、来るべき社会の構想に及ぶ“再入門”書。

目次

  • 第1部 主体と作品の解体(作者はなぜ死んでいるのか;言語は何を伝えるか;「構造」とは何か;類似から相似へ;権力はいつ変容したか)
  • 第2部 権力と主体の解剖(代理から代替へ;古代における「主体化」;言語の権力を揺さぶる;悲劇の人格論;「ない」という「ある」こと)
  • 第3部 今こそ読み返す(人を喰う社会と人を吐き出す社会;分人論を先取りし、のりこえる;新世界のレヴィ=ストロース)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB14063928
  • ISBN
    • 9784140912102
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    286p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ