プルーストと創造の時間

書誌事項

プルーストと創造の時間

中野知律著

名古屋大学出版会, 2013.12

タイトル別名

Proust et le temps de la création

タイトル読み

プルースト ト ソウゾウ ノ ジカン

大学図書館所蔵 件 / 99

内容説明・目次

内容説明

それが存在しない世界に—科学的な実証知が勃興し、旧来の人文教養が失墜した世紀末の憂鬱の只中で、それでも「文学に賭ける」決断を下したプルースト。作家が格闘した、『失われた時を求めて』誕生以前の文の地形を明らかにすることを通し、その出現の意味を探る労作。

目次

  • 世紀末の憂鬱—二つの“文学的病”
  • 第1部 文学の位置—時代といかに闘うか(文学教養—“読むこと”と“書くこと”の不純な関係;“教養小説”を読む方法;マルセル・プルーストの修業時代)
  • 第2部 小説の可能性(時代と闘う二つの美学—前衛的であったということ;“鏡映”の美学を超えて—レアリスムとの闘い;反=日記あるいは「文学生活」批判;歴史は物語ではない—小説的真実のゆくえ)
  • 第3部 近代批評と小説—『サント=ブーヴに逆らって』の射程(サント=ブーヴの喪が明けて;テーヌの未完の小説—“教養小説”が不可能になるところ;サント=ブーヴをパロディ化する;近代「生成批評」のその後)
  • 第4部 プルースト小説の地平(『ジャン・サントゥイユ』から『失われた時を求めて』へ—“書けない主人公”の誕生;「天職の物語」の終わりかた;『見出された時』を読む—作家はいつ書き終えるか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ