ウェスト&ハリスCMOS VLSI回路設計

著者

書誌事項

ウェスト&ハリスCMOS VLSI回路設計

Neil H. E. Weste, David Money Harris [著] ; 廣瀬哲也 [ほか] 訳

丸善出版, 2014.1

  • 基礎編
  • 応用編

タイトル別名

CMOS VLSI design : a circuits and systems perspective

CMOS VLSI回路設計 : ウェスト&ハリス

タイトル読み

ウェスト & ハリス CMOS VLSI カイロ セッケイ

大学図書館所蔵 件 / 111

注記

原書第4版の翻訳

応用編その他の訳者: 高橋篤司, 天野英晴, 山岡雅直, 高宮真, 宇佐美公良, 池田誠, 小林和淑, 戸川望, 小松聡

基礎編の訳者: 宇佐美公良, 池田誠, 平本俊郎, 佐藤高史, 石原亨, 黒川敦, 小林和淑, 三堂哲寿

監訳: 宇佐美公良, 池田誠, 小林和淑

訳者のヨミは推定

参考文献あり

内容説明・目次

巻冊次

応用編 ISBN 9784621087206

内容説明

基礎的な原理の説明から、原理の応用、先端の設計事例にいたるまで、体系的に解説されたこの分野のバイブル。第4版ではナノメータ時代の設計技術に関する内容が充実。素子の微細化がLSI設計に与える課題として、素子の性能ばらつき、消費電力の増大、信号線および電源線のノイズ、クロック信号に関する設計を取り上げ、また65ナノメータの製造プロセスを使用した場合の例題を数多く示し、あらゆる読者のニーズに応えた内容。

目次

  • 第9章 組合せ論理回路の設計
  • 第10章 順序回路設計
  • 第11章 データパスのサブシステム
  • 第12章 アレイサブシステム
  • 第13章 パッケージ、電源分配、クロック、I/O
  • 第14章 設計手法とツール
  • 第15章 テスト、デバッグ、検証
  • 付録 ハードウェア記述言語
巻冊次

基礎編 ISBN 9784621087213

内容説明

基礎的な原理の説明から、原理の応用、先端の設計事例にいたるまで、体系的に解説されたこの分野のバイブル。第4版ではナノメータ時代の設計技術に関する内容が充実。素子の微細化がLSI設計に与える課題として、素子の性能ばらつき、消費電力の増大、信号線および電源線のノイズ、クロック信号に関する設計を取り上げ、また65ナノメータの製造プロセスを使用した場合の例題を数多く示し、あらゆる読者のニーズに応えた内容。

目次

  • 第1章 はじめに
  • 第2章 MOSトランジスタの理論
  • 第3章 CMOSプロセス技術
  • 第4章 遅延
  • 第5章 消費電力
  • 第6章 配線
  • 第7章 ロバスト性
  • 第8章 回路シミュレーション

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ