書誌事項

しぐさの日本文化

多田道太郎 [著]

(講談社学術文庫, [2219])

講談社, 2014.2

タイトル読み

シグサ ノ ニホン ブンカ

大学図書館所蔵 件 / 175

注記

原本: 筑摩書房1972年刊, 角川文庫1978年刊 (1970年10月から1971年12月にかけて日本経済新聞に連載されたエッセイをもとにしたもの)

底本: 「多田道太郎著作集」3 (筑摩書房, 1994年刊), 単行本版・角川文庫版も参照

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

ふとしたしぐさ、身振り、姿勢—これらは個人の心理の内奥をのぞかせるものであると同時に、一つの社会に共有され、伝承される、文化でもある。身体に深くしみついた、人間関係をととのえるための精神・身体的表現といえる。あいづち、しゃがむ、といった、日本人の日常のしぐさをとりあげ、その文化的な意味をさぐる「しぐさ研究」の先駆的著作。

目次

  • ものまね
  • 頑張る
  • あいづち
  • へだたり
  • 低姿勢
  • 寝ころぶ
  • 握手
  • 触れる
  • にらめっこ
  • はにかみ〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB14781138
  • ISBN
    • 9784062922197
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    269p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ