インフォメーション・エコノミー : 情報化する経済社会の全体像

書誌事項

インフォメーション・エコノミー : 情報化する経済社会の全体像

篠﨑彰彦著

NTT出版, 2014.3

タイトル別名

Information economy

インフォメーションエコノミー : 情報化する経済社会の全体像

タイトル読み

インフォメーション エコノミー : ジョウホウカ スル ケイザイ シャカイ ノ ゼンタイゾウ

大学図書館所蔵 件 / 136

注記

参考文献一覧: p269-279

内容説明・目次

内容説明

経済活動の基盤にある仕組みの本質を理解し、情報化をキーワードに現代社会を読み解く。

目次

  • 序章 最新動向を読み解く基本概念は何か—本書のねらいと構成
  • 第1章 情報経済学の基礎で現在を考える—純粋な市場から現実の市場へ
  • 第2章 情報化社会はどう展望されてきたか—未来論から現実論へ
  • 第3章 生産性論争とは何か—ソロー・パラドックスとニュー・エコノミー論
  • 第4章 なぜ情報が問題になるのか—分業のメリットとデメリット
  • 第5章 コースの法則で企業改革を考える—「企業と市場」の境界に何が起きるか
  • 第6章 ネットワークの経済性とは何か—情報化社会の企業組織と産業組織
  • 第7章 なぜ制度改革が求められるのか—技術革新を受け入れる仕組み
  • 第8章 情報化は雇用にプラスかマイナスか—技術と雇用と教育の関係

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB15251537
  • ISBN
    • 9784757123335
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 279, 6p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ