イザベラ・バードの旅 : 『日本奥地紀行』を読む

書誌事項

イザベラ・バードの旅 : 『日本奥地紀行』を読む

宮本常一 [著]

(講談社学術文庫, [2226])

講談社, 2014.4

タイトル別名

イザベラ・バードの旅日本奥地紀行を読む

イザベラバードの旅 : 日本奥地紀行を読む

タイトル読み

イザベラ・バード ノ タビ : 『ニホン オクチ キコウ』 オ ヨム

大学図書館所蔵 件 / 186

注記

底本 : 『旅人たちの歴史3 古川古松軒/イサベラ・バード』 (未來社 1984年刊) の後半にあたる「イサベラ・バードの旅 『日本奥地紀行』」

文庫化に当たり平凡社ライブラリー版『イザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読む』(平凡社 2002年刊),東洋文庫版『日本奥地紀行』(平凡社 1973年刊)を参照

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

本書は、宮本常一が所長をつとめた日本観光文化研究所で行った、イザベラ・バード著『日本奥地紀行』講読の講義録をもとに編まれた。明治期のイギリス人女性旅行家の目で見たなにげない記述の中から当時の人々の暮らしや慣習のありようを読み取り、関連する、自身のフィールドワークから得た膨大な知見を、圧倒的説得力を持って紡ぎ出してゆく。

目次

  • 穀物や果物が豊富で、地上の楽園のごとく、人びとは自由な生活を楽しみ、東洋の平和郷というべきだ(「置賜県雑録」より)
  • 蚤の大群が襲来したために、私は携帯用の寝台に退却しなければならなかった
  • 子どもたちは、きびしい労働の運命をうけついで世に生まれ、親たちと同じように、虫に喰われ、税金のために貧窮の生活を送るであろう
  • 仕事もなく、本もなく、遊びもない。わびしく寒いところで、長い晩を震えながら過す。夜中になると、動物のように身体を寄せて暖をとる
  • あらゆる種類のお面や人形、いろいろな姿に固めた砂糖、玩具、菓子類…。日本では、どんな親でも、祭りに行けば子どもに捧げるための供物を買うであろう
  • 私はシーボルト氏に、これからもてなしを受けるアイヌ人に対して親切に優しくすることがいかに大切かを伊藤に日本語で話してほしい、と頼んだ
  • いつか遠い昔において彼らは偉大な国民であったという考えにしがみついている。彼らには、互いに殺し合う激しい争乱の伝統がない

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ