子は親を救うために「心の病」になる

書誌事項

子は親を救うために「心の病」になる

高橋和巳著

(ちくま文庫, [た-36-2])

筑摩書房, 2014.4

タイトル別名

子は親を救うために心の病になる

タイトル読み

コ ワ オヤ オ スクウ タメ ニ 「ココロ ノ ヤマイ」 ニ ナル

大学図書館所蔵 件 / 63

注記

2010年3月筑摩書房刊の文庫化

シリーズ番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

著者は「引きこもり」や「拒食症」で悩む多くの子どもたちに向き合い、心の声に耳を傾けてきた。どの子も親が大好きで、「自分が役に立っているだろうか」「必要とされているだろうか」と考えている。しかし思春期になり、親から逃れようとする心と、従おうとする心の葛藤に悩み「心の病」になってしまう。真の解決は、親が子を救い出すのではなく、子に親が救われるのだと分かった時に訪れる。

目次

  • プロローグ 心の「宇宙期」
  • 第1章 息子は親を救うために引きこもった
  • 第2章 娘の摂食障害が、母親の人生を回復させた
  • 第3章 虐待されて育った子は「善と悪が逆」になっている
  • 第4章 親とのつながりを持てなかった子の不思議な訴え
  • 第5章 心の発達段階の最後、「宇宙期」とは何か

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ