ぼくはスピーチをするために来たのではありません

書誌事項

ぼくはスピーチをするために来たのではありません

ガブリエル・ガルシア=マルケス著 ; 木村榮一訳

(Obra de García Márquez, 1944-2007)

新潮社, 2014.4

タイトル別名

Yo no vengo a decir un discurso

ぼくはスピーチをするために来たのではありません

タイトル読み

ボク ワ スピーチ オ スル タメ ニ キタノ デワ アリマセン

大学図書館所蔵 件 / 102

注記

原著 (Barcelona : Mondadori, 2010) の翻訳

内容説明・目次

内容説明

大の付く「講演恐怖症」で知られる作家が止むことを得ず生涯に22回だけ、文学、友情、軍隊、独裁者、教育、ジャーナリズム、祖国、スペイン語、ラテンアメリカ、そして世界人類が抱える切実な課題を、具体的なエピソードと数字を挙げながら真摯かつ自在に壇上から語りかけた。宿命的なその人生模様と思想上の確固たる信念をにじませる肉声の記録。

目次

  • 義務の学校
  • どのようにして私はものを書きはじめたか
  • あなた方がおられるので
  • もうひとつの祖国
  • ラテンアメリカの孤独
  • 詩に乾杯
  • 新しい千年に向けての言葉
  • ダモクレスの大災厄
  • 不滅のアイデア
  • 新しい千年への序言〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB15379960
  • ISBN
    • 9784105090197
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    spa
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    205p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ