1秒って誰が決めるの? : 日時計から光格子時計まで

書誌事項

1秒って誰が決めるの? : 日時計から光格子時計まで

安田正美著

(ちくまプリマー新書, 215)

筑摩書房, 2014.6

タイトル読み

1ビョウ ッテ ダレ ガ キメルノ : ヒドケイ カラ ヒカリ コウシ ドケイ マデ

大学図書館所蔵 件 / 106

内容説明・目次

内容説明

時を計ること、その道具(時計)を作ること、そしてその精度を高めることは、政治や産業、科学技術と常に関わり大きな影響を及ぼしてきた。時代と共に1秒の定義も変化している。1秒を計る技術の最前線に迫る。

目次

  • 第1章 時はどのように計られてきたか—時計の歴史(時間とは何か;暦の誕生から「1秒」を刻む振り子時計まで;クォーツ時計で機械と電気が融合した;「計る基準」を定義する)
  • 第2章 時を計る技術の最前線—光格子時計ができるまで(原子時計の仕組み;原子を捕まえて時計にする—原子本来の色を求めて;マイクロ波から光へ;光格子時計の仕組み)
  • 第3章 時間計測の精度を求めると?(光格子時計のその先へ;高精度の時計はどう応用できるか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ