書誌事項

シュライアーマッハーの生涯

[ディルタイ著] ; 森田孝 [ほか] 編集校閲

(ディルタイ全集 / [ディルタイ著] ; 西村皓, 牧野英二編集代表, 第9-10巻)

法政大学出版局, 2014.7-2016.11

タイトル読み

シュライアーマッハー ノ ショウガイ

大学図書館所蔵 件 / 200

注記

底本: ドイツ語版『ディルタイ全集』第13-14巻 (Wilhelm Dilthey, Gesammelte Schriften, XIII-XIV. Band, Göttingen, 1966-1970) 所収テクスト

参考文献一覧: 上p1189-1214, 下p1093-1138

人名索引: 上巻末p1-20, 下巻末p1-11

その他の編集校閲者: 上: 麻生建, 薗田坦, 竹田純郎, 齋藤智志. 下: 麻生建, 薗田坦, 竹田純郎, 三浦國泰

内容説明・目次

巻冊次

上 ISBN 9784588121098

内容説明

近代ドイツ思想の真髄を示す伝記的研究の最高傑作。観念論哲学やロマン派文学と歩みをともにし、近代の新しい宗教性を告知した神学者の生涯を、西洋精神史の全体的地平のなかで叙述した伝記研究の白眉にして不朽の書。待望の本邦初訳!

目次

  • 第1部 青少年時代と最初の人間形成 一七六八年‐一七九六年(家系の宗教的精神;ヘルンフート派の教育 ほか)
  • 第2部 充実した生活—自らの世界観を生き生きと叙述した時期 一七九六年‐一八〇二年(新しい世界観の形成としてのドイツ文学;ベルリン ほか)
  • 第3部 シュトルプでの孤独—プラトンの再興と新しい倫理学の批判的な準備(離別と新たな人間関係;シュトルプ ほか)
  • 第4部 ハレ—大学‐体系‐キリスト教との対決(ヴュルツブルクへの招聘とハレでの教授職;ハレ ほか)
巻冊次

下 ISBN 9784588121104

内容説明

上巻の伝記研究に続く、弁証法、倫理学、国家論、美学、自然学、心理学の諸領域を包括する哲学体系、プロテスタント神学・解釈学の伝統を革新する宗教論の試み。

目次

  • 第1部 哲学としてのシュライアーマッハーの体系(体系の発展史的、精神史的前提;哲学としての体系の遂行)
  • 第2部 神学としてのシュライアーマッハーの体系(キリスト教の歴史におけるシュライアーマッハーの立場 ほか)
  • 第3部 過去のプロテスタント解釈学と対決するシュライアーマッハーの解釈学の体系(シュライアーマッハー以前の解釈学;解釈学成立後のシュライアーマッハーの解釈学;シュライアーマッハーの解釈学とそれ以前の体系との比較)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • ディルタイ全集

    [ディルタイ著] ; 西村皓, 牧野英二編集代表

    法政大学出版局

    所蔵館2館

詳細情報

ページトップへ