書誌事項

国境政策のパラドクス

森千香子, エレン・ルバイ編

勁草書房, 2014.9

タイトル読み

コッキョウ セイサク ノ パラドクス

大学図書館所蔵 件 / 142

注記

参考文献: 各章末

国境政策関連年表: 巻末pix-xv

内容説明・目次

内容説明

国境を越える人:毎年2億人以上。国境で命を落とす人:毎年5000人、誘拐される人:半年で1万人以上。「グローバルエリート」が世界を飛び回る一方で、命がけで海や山を越えて入国を試みる者がいる。国境管理の世界的潮流や用いられている最新技術、その社会的帰結を紹介し、現代の国境政策はどうあるべきか論じる。

目次

  • 国境政策のパラドクスとは何か?
  • 1 国境管理強化は現実的な政策か?(現在おきているのは構造的な「対移民戦争」である;国境閉鎖は現実的な政策か?—移民のグローバルガバナンスと移動の権利の保障)
  • 2 国境政策と管理テクノロジーの進化(「再入国協定」とは何か?—その隠された側面としての退去強制;国境再編における国家の暴力—出入国管理、警察、軍事;国境概念の変化と監視体制の進化—移動・セキュリティ・自由をめぐる国家の攻防)
  • 3 国境のポリティクスの社会的帰結(移住と境界をめぐる一考察—受け入れ社会間の比較の視点から;国籍法を変えたフィリピン女性たちの身体性—ジェンダー・セクシュアリティとグローバリズム)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB16732224
  • ISBN
    • 9784326602698
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 244, xvp
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ