中国ナショナリズムのただなかへ

書誌事項

中国ナショナリズムのただなかへ

松本健一著

(中公文庫, [ま-44-5] . 評伝北一輝 / 松本健一 [著]||ヒョウデン キタ イッキ ; 3)

中央公論新社, 2014.9

タイトル別名

北一輝 : 評伝

タイトル読み

チュウゴク ナショナリズム ノ タダナカ エ

大学図書館所蔵 件 / 12

注記

岩波書店 (2004年刊) を底本としたもの

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

明治四四年、北は辛亥革命が勃発した中国に渡り、宋教仁らを支援。だが、宋は暗殺され、国外退去に。後に、大川周明らの猶存社を活動の場所とする。日本革命に反転した北は、「政治的経済的特権階級ヲ切開シテ棄テル」とする、国家主義的『国家改造案原理大綱』を執筆。同書を読んだ朝日平吾が安田善次郎を刺殺して自決。「暗殺時代」が到来する。

目次

  • 第1章 辛亥革命の渦中へ
  • 第2章 宋教仁との再会
  • 第3章 南京臨時政府の樹立
  • 第4章 中華民国の成立
  • 第5章 清朝の終焉
  • 第6章 日本革命への反転
  • 第7章 『日本改造法案大綱』
  • 国家改造運動の成立 老壮会から猶存社へ—補足的に

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB16826033
  • ISBN
    • 9784122060128
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    377p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ