教育の本質とは何か : 先人に学ぶ「教えと学び」

書誌事項

教育の本質とは何か : 先人に学ぶ「教えと学び」

広岡義之著

ミネルヴァ書房, 2014.10

タイトル別名

教育の本質とは何か : 先人に学ぶ教えと学び

タイトル読み

キョウイク ノ ホンシツ トワ ナニ カ : センジン ニ マナブ オシエ ト マナビ

大学図書館所蔵 件 / 197

注記

参考文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

教師は子どもたちにとってどういう存在であるべきか。教育とは何か、「教える‐学ぶ」を考えるうえで大切なことは何かについて、先人の教えにも学びながら、ともに考えていく。

目次

  • 教育の理念—教育の本質と可能性
  • 教育の原理と目的
  • 教育に関する思想と歴史の変遷—古代ギリシア時代から十七世紀バロック時代まで
  • クラスの子どもたちを「授業の主体」に—林竹二の教育思想と教育実践
  • 伝統的な教育学と実存的教育との統合の可能性
  • 「我と汝」の教育論—ブーバーによる「世界との関わりの在り方」
  • 教師にとって信頼とは何か
  • それでも人生にイエスと言う—フランクルの人間形成論
  • 「苦悩」と「意味への意志」の教育学的意義
  • ボルノーにおける言語教育の意義と課題
  • 教育における真理論の教育学的意義
  • 家庭教育の教育学的意義と課題
  • 臨床教育学的「我と汝の対話」の可能性
  • 「ケアリング」とは何か—ミルトン・メイヤロフの『ケアの本質』を中心に
  • 「経験」のなかの私、「体験」に先行する私—森有正の「経験」概念

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB16884572
  • ISBN
    • 9784623071593
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    ix, 227, vip
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ