暴力と差別としての米軍基地 : 沖縄と植民地--基地形成史の共通性

書誌事項

暴力と差別としての米軍基地 : 沖縄と植民地--基地形成史の共通性

林博史著

(未来への歴史 : for tomorrow)

かもがわ出版, 2014.10

タイトル別名

暴力と差別としての米軍基地 : 沖縄と植民地基地形成史の共通性

タイトル読み

ボウリョク ト サベツ トシテノ ベイグン キチ : オキナワ ト ショクミンチ キチ ケイセイシ ノ キョウツウセイ

大学図書館所蔵 件 / 84

注記

参考文献: p167-175

内容説明・目次

内容説明

なぜ沖縄にだけ基地が押しつけられるのか、植民地の歴史のなかに原点があった!!プエルトリコなどにおける住民排除の基地建設過程を検証しつつ、これまで研究されることの少なかった占領直後の横暴な沖縄基地建設との共通性を跡づける。

目次

  • 第1部 米軍基地建設の植民地主義・人種主義—世界の事例から(植民地を利用した基地建設;基地に翻弄された自治領の住民たち—プエルトリコ;米国領土外にある最も古い基地—グアンタナモ;核とミサイルのために犠牲にされた島民たち—マーシャル諸島;強制排除された先住民—グリーンランド;無人島にさせられた島々—ディエゴガルシア;二一世紀の強制収用—韓国ピョンテク;刑事裁判権に見る植民地主義・人種主義)
  • 第2部 沖縄での基地建設—沖縄戦から恒久基地化へ(米軍の世界的戦争計画の中の沖縄;沖縄戦下の基地建設;終戦前後の基地建設計画;海軍の沖縄基地計画;一九四〇年代末から五〇年代へ;核兵器と沖縄;補論 国防とアイヌ)
  • 第3部 沖縄における米兵による性犯罪(日本軍による沖縄女性への性犯罪;免罪された米兵による性犯罪—沖縄戦;米軍占領下の性犯罪と米軍の認識—一九四〇年代後半;継続する米兵の性犯罪—一九五〇年代)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ