書誌事項

「アラブの心臓」に何が起きているのか : 現代中東の実像

青山弘之編 ; 横田貴之 [ほか執筆]

岩波書店, 2014.12

タイトル別名

アラブの心臓に何が起きているのか : 現代中東の実像

タイトル読み

「アラブ ノ シンゾウ」ニ ナニ ガ オキテ イル ノカ : ゲンダイ チュウトウ ノ ジツゾウ

大学図書館所蔵 件 / 168

注記

その他の執筆者: 高岡豊, 山尾大, 末近浩太, 吉川卓郎, 錦田愛子

執筆者「高岡」の「高」は「梯子高 (はしごだか)」の置き換え

文献リスト: p199-206

内容説明・目次

内容説明

「イスラーム国」の台頭、ガザ戦争、シリア「内戦」…なぜ混乱が続くのか。第一線の研究者が結集し、「アラブの心臓」の実像に迫る。

目次

  • 序章 「混沌のドミノ」に喘ぐ「アラブの心臓」
  • 第1章 エジプト—二つの「革命」がもたらした虚像の再考
  • 第2章 シリア—「真の戦争状態」が必要とする「独裁」政権
  • 第3章 イラク—民主化の蹉跌と宗派対立という亡霊
  • 第4章 レバノン—「決めない政治」が支える脆い自由と平和
  • 第5章 ヨルダン—紛争の被害者か、受益者か
  • 第6章 パレスチナ—ハマース否定が導いた政治的混乱
  • 終章 中東政治の実像に迫るために

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ