ドクター・ハック : 日本の運命を二度にぎった男 Friedrich Wilhelm Hack

書誌事項

ドクター・ハック : 日本の運命を二度にぎった男 = Friedrich Wilhelm Hack

中田整一著

平凡社, 2015.1

タイトル別名

ドクターハック : 日本の運命を二度にぎった男

タイトル読み

ドクター・ハック : ニホン ノ ウンメイ オ ニド ニギッタ オトコ = Friedrich Wilhelm Hack

大学図書館所蔵 件 / 70

注記

主要参考文献・資料: p333-336

関連年表: p337-341

内容説明・目次

内容説明

1936年2月8日、神戸港に降り立った日独合作映画の撮影隊一行に、一人の英国紳士風の男が混じっていた。その名はフリードリッヒ・ハック。皆からドクター・ハックと呼ばれた人物である。彼の職業はドイツの軍用飛行機や船舶、それらの関連技術の輸入に携わる日本海軍および陸軍のエージェント。訪日の目的は、本来のビジネスに加えて、日独合作映画の下打ち合わせ、さらにはヒトラーの側近リッベントロップとベルリン日本陸軍駐在武官・大島浩の間で進んでいた外交交渉に関わる密命を帯びていた—。ナチスと日本を結びつけた十字架を背負い、日米間の終戦工作を担ったドイツ人スパイ。女優・原節子誕生にも立ち会った、その謎に満ちた生涯。

目次

  • 序章 神戸港に降り立った密使
  • 第1章 フライブルク
  • 第2章 二つの顔—武器商人と秘密情報員
  • 第3章 原節子と「武士の娘」
  • 第4章 二・二六事件と日独接近
  • 第5章 運命の岐路
  • 第6章 漏洩した日独の秘密
  • 第7章 スイスの諜報員
  • 第8章 和平工作とハック
  • 第9章 刀折れ矢尽きて
  • 終章 ハックの遺言

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ