書誌事項

帝国日本の技術者たち

沢井実著

(歴史文化ライブラリー, 399)

吉川弘文館, 2015.4

タイトル別名

帝国日本の技術者たち

タイトル読み

テイコク ニホン ノ ギジュツシャ タチ

大学図書館所蔵 件 / 246

注記

参考文献: p207-209

内容説明・目次

内容説明

総力戦遂行のため、大量に必要とされた航空機・電波兵器・鉄道などの技術者たち。国内や植民地で彼らは活動するが、敗戦後は民間企業などに転身し高度成長を牽引する。帝国日本の拡大を支えた技術者たちの実態に迫る。

目次

  • 帝国日本を支えた技術者たち—プロローグ(敗戦時、日本人技術者の回想;戦中・戦後の「連続」と「断絶」 ほか)
  • 帝国日本における技術者の配置(技術者の産業部門別分布;高等工業教育機関の整備拡充;技術者のキャリア形成)
  • 帝国日本の鉄道技術者(鉄道省、満鉄、植民地鉄道の技術者;車輌研究会と鉄道車輌技術協議会;華北車輌の経営)
  • 植民地の技術者たち(朝鮮における技術者の配置;植民地朝鮮の技術者教育;植民地民間企業の技術者)
  • 技術者たちの戦後と引き揚げ(技術者たちの軍民転換—概観;会軍技術中佐の転職—小野崎誠の場脚;陸軍技術少佐の転職—黒河力の場合 ほか)
  • 戦後復興から高度成長へ—帝国日本の技術的「遺産」(鉄道技術研究所と新幹線開発;カメラ生産の革新;東南アジア賠償とコンサルティング会社)
  • 総力戦経験の歴史的意義—エピローグ(戦時から戦後へ;生産技術・量産技術の立ち遅れへの反省 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ