書誌事項

日本の反知性主義

内田樹編 ; 赤坂真理 [ほか] 著

(犀の教室)

晶文社, 2015.3

タイトル別名

Anti‐intellectualism in Japanese society

日本の反知性主義

タイトル読み

ニホン ノ ハンチセイ シュギ

大学図書館所蔵 件 / 215

注記

まえがき(内田樹)

その他の著者: 小田嶋隆, 白井聡, 想田和弘, 高橋源一郎, 仲野徹, 名越康文, 平川克美, 鷲田清一

収録内容

  • 反知性主義者たちの肖像 / 内田樹 [執筆]
  • 反知性主義、その世界的文脈と日本的特徴 / 白井聡 [執筆]
  • 「反知性主義」について書くことが、なんだか「反知性主義」っぽくてイヤだな、と思ったので、じゃあなにについて書けばいいのだろう、と思って書いたこと / 高橋源一郎 [執筆]
  • どんな兵器よりも破壊的なもの / 赤坂真理 [執筆]
  • 戦後70年の自虐と自慢 / 平川克美 [執筆]
  • いま日本で進行している階級的分断について / 小田嶋隆 [執筆]
  • 身体を通した直観知を / 名越康文, 内田樹 [述]
  • 体験的「反知性主義」論 / 想田和弘 [執筆]
  • 科学の進歩にともなう「反知性主義」 / 仲野徹 [執筆]
  • 「摩擦」の意味 : 知性的であるということについて / 鷲田清一 [執筆]

内容説明・目次

内容説明

集団的自衛権の行使、特定秘密保護法、改憲へのシナリオ…あきらかに国民主権を蝕み、平和国家を危機に導く政策が、どうして支持されるのか?その底にあるのは、「反知性主義」の跋扈!政治家たちの暴走・暴言から、メディアの迷走まで、日本の言論状況、民主主義の危機を憂う気鋭の論客たちによるラディカルな分析。『街場の憂国会議』に続く、緊急論考第2弾!

目次

  • 反知性主義者たちの肖像
  • 反知性主義、その世界的文脈と日本的特徴
  • 「反知性主義」について書くことが、なんだか「反知性主義」っぽくてイヤだな、と思ったので、じゃあなにについて書けばいいのだろう、と思って書いたこと
  • どんな兵器よりも破壊的なもの
  • 戦後70年の自虐と自慢
  • いま日本で進行している階級的分断について
  • 身体を通した直感知を
  • 体験的「反知性主義」論
  • 科学の進歩にともなう「反知性主義」
  • 「摩擦」の意味—知性的であるということについて

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB18329018
  • ISBN
    • 9784794968180
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    302p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ