書誌事項

反歴史論

宇野邦一 [著]

(講談社学術文庫, [2293])

講談社, 2015.4

タイトル別名

反歴史論

反歴史論

反歴史論

タイトル読み

ハンレキシロン

大学図書館所蔵 件 / 162

注記

原本はせりか書房(2003年)から刊行

叢書番号はブックジャケットによる

引用文献: p284-292

初出一覧: p293

内容説明・目次

内容説明

歴史を超える作品を生み出す人間は、歴史に翻弄される存在でもある。その捩れた事実から展開される繊細にして大胆な思考。ニーチェ、シャルル・ペギー、ジャン・ジュネ、レヴィ=ストロースなど多彩な作家を取り上げ、哲学、文学、映画、精神分析、民俗学を横断しつつ展望される、歴史に抗いながら歴史を思考する真の可能性。新稿を加えた決定版。

目次

  • 第1章 反歴史との対話(歴史の恥辱;小林秀雄と「反歴史的概念」 ほか)
  • 第2章 無意識・映画・存在論—思考しえぬものの思考の準備(思考を脅かすものについて;精神分析と存在論のあいだ ほか)
  • 第3章 歴史のカタストロフ(歴史を引き裂く時間;歴史が「繋留」であることについて ほか)
  • 第4章 流れと螺旋(『司馬遷』の歴史;『レイテ戦記』の歴史哲学 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB18425281
  • ISBN
    • 9784062922937
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    296p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ