軍人皇帝のローマ : 変貌する元老院と帝国の衰亡

書誌事項

軍人皇帝のローマ : 変貌する元老院と帝国の衰亡

井上文則著

(講談社選書メチエ, 599)

講談社, 2015.5

タイトル読み

グンジン コウテイ ノ ローマ : ヘンボウ スル ゲンロウイン ト テイコク ノ スイボウ

大学図書館所蔵 件 / 125

注記

主要参考文献: p210-216

内容説明・目次

内容説明

共和政期以来、七〇〇年にわたり、ローマ帝国を支えてきた元老院。しかし、軍事情勢が悪化し、貧富の差が拡大した三世紀以降、支配権はバルカン半島出身で下層民からのぼりつめた軍人皇帝の手に移る。アウレリアヌス帝、ディオクレティアヌス帝、コンスタンティヌス帝など、じつに七七人中二四人が、バルカン半島出身の軍人皇帝である。ローマ文明を担うエリートの元老院の失墜と武人支配への変化を描き、ローマ帝国衰亡の世界史的意味をとらえなおす。

目次

  • 序章 支配者層の変動とローマ帝国の衰亡
  • 第1章 繁栄の時代から危機の時代へ—支配者層変動の遠因と近因
  • 第2章 イリュリア人の興隆—ウァレリアヌス帝の改革
  • 第3章 イリュリア人皇帝の時代—クラウディウスからディオクレティアヌスへ
  • 第4章 イリュリア人の実像
  • 第5章 元老院議員の世界—その文人的生活
  • 第6章 イリュリア人の後退と元老院の復権
  • 第7章 イリュリア人とゲルマン人の帝国
  • 終章 軍人貴族の支配と元老院貴族の敗退

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ