平和は「退屈」ですか : 元ひめゆり学徒と若者たちの五〇〇日

書誌事項

平和は「退屈」ですか : 元ひめゆり学徒と若者たちの五〇〇日

下嶋哲朗著

(岩波現代文庫, 社会 ; 286)

岩波書店, 2015.5

タイトル別名

平和は退屈ですか : 元ひめゆり学徒と若者たちの五〇〇日

元ひめゆり学徒と若者たちの五〇〇日

元ひめゆり学徒と若者たちの500日

タイトル読み

ヘイワ ワ 「タイクツ」 デスカ : モト ヒメユリ ガクト ト ワカモノ タチ ノ ゴヒャクニチ

大学図書館所蔵 件 / 115

注記

2006年6月岩波書店刊書籍の文庫化。文庫化に際し、新稿『平和は「退屈」ですか-一〇年後の現在』を付記

内容説明・目次

内容説明

「戦争体験のない者が、戦争体験のない者を相手に、戦争体験を語る」。—沖縄戦をテーマに、元ひめゆり学徒たちと一緒にこの難しいプロジェクトに挑んだ高校生と大学生の試行錯誤の日々をいきいきと描く。繰り返される議論と自問自答、ひめゆり学徒隊が歩いた道をたどるフィールドワーク、そして発表会。戦争の経験を語り継ぐ人となるための、未来=希望に向けて手さぐりするように進む「いのちの仕事」は、高校生や大学生をどう変えたか。社会人となった一〇年後の若者たちに改めて取材した新稿を付す。

目次

  • 第1章 こうして平和が嫌いになった
  • 第2章 「いのちの仕事」とは—元ひめゆり学徒隊員との出会い
  • 第3章 青春のジェノサイドの現場に立って—戦死した多くのいのちに「私」一人のいのちが重なる
  • 第4章 若者たちが考える「犬死に」—言葉の置きかえは優しさといえるか
  • 第5章 平和を鍛える—戦争の記憶は継承できる
  • 第6章 戦争体験を学ぶ「楽しみ」
  • 平和は「退屈」ですか—一〇年後の現在

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ