見捨てられた初期被曝

著者

    • study2007

書誌事項

見捨てられた初期被曝

study2007著

(岩波科学ライブラリー, 239)

岩波書店, 2015.6

タイトル読み

ミステラレタ ショキ ヒバク

大学図書館所蔵 件 / 243

注記

参考文献: p117-125

内容説明・目次

内容説明

原発事故後、事故前に描かれていた緊急被曝防護の体制は、もろくも崩れ去った。そればかりか、科学的検討は不在のまま、初期被曝は「見捨てられた」。緩められた基準値、不十分な身体除染、そして被曝影響の「心の問題」へのすり替え—公開された政府事故調文書から明らかになった驚くべき、経緯を整理する。さらに、限られたデータから被曝量の分布推定を統計的に行う。

目次

  • 第1章 見捨てられた初期被ばく(限られた直接測定;機能しなかった環境測定 ほか)
  • 第2章 変質したスクリーニング—科学の消失から「安心」へ(WHOによる安定ヨウ素剤服用ガイドラインでは;公開された聴取録 ほか)
  • 第3章 スクリーニング基準値の意味(10万人の体表面スクリーニング検査;基準値1万3000cpmが意味する水準 ほか)
  • 第4章 矮小化される被ばく被害(体表面スクリーニング検査を受けた集団の甲状腺被ばく量;東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議 ほか)
  • 第5章 神話のままの被ばく防護(事故の現実から乖離したままの原子力災害対策指針;汚染の現実と防護の方法 ほか)
  • 補論 沈着速度の考え方—土壌汚染データから被ばく量を推定するために

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ