評伝・河野裕子 : たつぷりと真水を抱きて

書誌事項

評伝・河野裕子 : たつぷりと真水を抱きて

永田淳著

白水社, 2015.8

タイトル別名

評伝河野裕子 : たつぷりと真水を抱きて

タイトル読み

ヒョウデン カワノ ユウコ : タップリ ト マミズ オ イダキテ

大学図書館所蔵 件 / 43

注記

河野裕子略年譜: p313-317

内容説明・目次

内容説明

母の根源的資質とは何だったのか。没後さらに存在感高まる歌人の生涯を、その息子が「家族」と「作品」から描く。

目次

  • 振りむけばなくなりさうな
  • ややこしく血筋からまる—郷里そして祖たち
  • 群れて遊びし記憶なく—君江との接点を求めて
  • おまへがおれを眺めてた—古い日記から
  • 友とせしはひとり汝れのみ—女坂での約束
  • 私をさらつて行つてはくれぬか—恋人と
  • ひとすぢ続く蝉のこゑ—横浜、東京
  • ざんざんばらんと—若い家族
  • 母国語の母音ゆたかに—アメリカへ
  • しつかりと飯を食はせて—「コスモス」から「塔」
  • ひとつ家に寝起きしてゐし日のことを—母と私
  • さみしくてあたたかかりき—そして…

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB19547091
  • ISBN
    • 9784560084557
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    317p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ