英語修得の思想と方法

書誌事項

英語修得の思想と方法

島根国士著

彩流社, 2015.10

タイトル別名

A fundamental philosophy and methodology of English acquisition

タイトル読み

エイゴ シュウトク ノ シソウ ト ホウホウ

大学図書館所蔵 件 / 77

注記

本書執筆に使った主な作品と参考書: p221-224

内容説明・目次

内容説明

「国際化」の名の下に、文法を無視し、オーラルコミュニケーションばかりを重視しても真の英語力は身につかない。発音・語彙・文法の三位一体が英語修得の最大の秘訣だ!発音と語彙を強化し、今こそ文法の威力を見直せ!受験英語よ、文法よ、力強く復活せよ!

目次

  • 1 英語の上達は学習の考え方と方法次第(「マスター」の意味;幼児の英語教育は必要か ほか)
  • 2 発音は英語学習の全てを支配(言葉は音声言語だ;「脳の中で視覚情報は聴覚情報に変換される」 ほか)
  • 3 英語のアクセントとリズム(発音の要はアクセント;英語のアクセントはドスだ! ほか)
  • 4 語彙の増やし方と言語感覚(語彙の増やし方;言語感覚の訓練)
  • 5 文法無視は英語無視(文法は言語を正確に使う技術だ;文法無視は英語無視 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB19975732
  • ISBN
    • 9784779121401
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    228p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ