書誌事項

SPSSによる臨床心理・精神医学のための統計処理

石村貞夫, 加藤千恵子, 石村友二郎著

東京図書, 2015.11

第2版

タイトル別名

SPSSによる臨床心理精神医学のための統計処理

タイトル読み

SPSS ニヨル リンショウ シンリ セイシン イガク ノ タメ ノ トウケイ ショリ

大学図書館所蔵 件 / 144

注記

参考文献: p257

内容説明・目次

内容説明

研究成果を論文やレポートで発表するときに必要な統計の使い方と分析手法を解説。データの集め方から、基礎統計量の算出やグラフ表現、測定結果の比較、関連性の調べ方や共通要因の探り方など、臨床心理・精神医学の研究に必要な手法を一通り網羅している。卒業論文や修士論文、プレゼンのためのデータ処理も、画面を追えばクリックひとつで…

目次

  • アンケート調査の基礎知識—データを集める
  • 平均・分散・標準偏差—基本的な統計処理をしてみる
  • 散布図・相関係数・順位相関—グラフと数値で表現してみる
  • クロス集計表・独立性の検定—表にまとめて関連性を調べてみる
  • オッズ比・リスク比—危険度を算出してみる
  • t検定・ノンパラメトリック検定—2つの治療効果を比較してみる
  • 分散分析・ノンパラメトリック検定—3つの治療効果を比較してみる
  • 重回帰分析—測定結果の要因を探る
  • ロジスティック回帰分析—確率を予測してみる
  • カテゴリカル回帰分析—要因の大きさを調べる
  • 因子分析—背後にある共通要因を探る
  • カテゴリカル主成分分析—総合的な指標を作って分類をする
  • 一般線型モデル—グラフで見る交互作用
  • シングル・ケース—測定値から分析する

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ